学びの特徴

就職活動に欠かせないの3種類の
資格取得を徹底的に指導

就職活動を
有利に進めるうえで欠かせない「資格」。
IT・簿記・ビジネス基礎の3つの
種類の資格取得を徹底的に指導します。

取得可能な資格

  • ITIT【Microsoft Office Specialist( M O S )試験、I Tパスポート試験】
    就職活動において必須となるoffice系のスキル。
    神戸電子は、マスター取得まで徹底サポートする数少ない学校の一つです。
  • 簿記簿記【日商簿記検定試験】
    簿記の知識を習得することで、
    幅広い業界・職種での就職が可能になります。
  • ビジネス基礎ビジネス基礎
    【秘書技能検定試験】
    秘書業務の知識だけではなく、ビジネスマナーやコミュニケーションスキルなど、実践で役立つ技術が身につきます。
  • 多田 知可子さん 多田 知可子さん

    MOS試験合格者の声
    ※MOS(Microsoft Office Specialist)

    MOSマスターのことは神戸電子の入学案内パンフレットで知り、ぜひ取りたいと思っていました。就職活動の面接の場でも「こんな資格をとり、こんなことができます」とアピールすると感心されました。

    多田 知可子さん(2年)

    明石西高等学校出身/兵庫県

    内定先:
    (株)デジホン兵庫 職種:販売
  • 堀内 斐芽さん 堀内 斐芽さん

    日商簿記検定試験合格者の声

    目標となる資格取得のため、放課後に残って先生にわからないことを片っ端から聞いたり、自分で問題を解いたりして力をつけました。仕事自体は人にパソコンを教えるというものですが、このがんばりを仕事に活かせたらと思っています。

    株式会社アビバ インストラクター
    堀内 斐芽さん

    神港高等学校出身/兵庫県

  • 中谷 有里さん 中谷 有里さん

    秘書技能検定試験合格者の声

    秘書検定を受けようと思ったのは、どんな職種に就いても通用するビジネスマナーを身につけたかったからです。実際、今やっている販売のアルバイトでは、敬語の使い方や、のしのかけ方など、秘書検定の勉強が役立つことが大変多いと実感しています。

    株式会社パイオン 販売
    中谷 有里さん

    クラーク記念国際高等学校
    夙川キャンパス出身/兵庫県

  • プレゼンテーションの授業が自信に。

    プレゼンテーションの
    授業が自信に

    どんな職業に就いたとしても、人前で説明する・発表するという場面はあります。段階を経て、人との会話や多人数の前で発表する際のコツを学ぶので、自分に自信を持てるようになります。

    プレゼンテーションの授業が自信に。
  • 荻野 愛さん

    プレゼンテーションを実際に行った学生の声

    荻野 愛さん

    西宮甲英高等学校出身/兵庫県 (大学を経て入学)

    以前はあまり人前で発表したりするのは好きではなかったのですが、いくつかのコツを掴んでからは、逆に楽しいと思えるようになりました。今後さらに自信を持って話せるようになりたいです。

ビジネス・事務・営業・販売の学科

ビジネス・事務・営業・販売の学科について