学びの特徴

在学中に実務経験が可能!
社会と接点を持てる学びを提供

実際の企画開発ができるほどの
力を身につけ、
在学中に商品化の実績を残します。

  • 3次元CADデザイン

    3次元CADデザイン 3次元CADデザイン

    デザインと設計を
    両立した力を発揮する

    メーカーと行った産学連携プロジェクトでは、学内コンペを勝ち抜いたiPhoneケースのデザインが商品化されました。
    構想、デザインから3次元CADデータ作成、製造用設計データ作成まで、3次元CADを活用した商品開発最前線の仕事を実務として経験することができました。

    デザイン

    米澤 喬介さん
    加古川南高等学校出身/兵庫県
    課題原案 :
    inCUTOUThttp://www.incutout.com/
  • 3次元CADデザイン 3次元CADデザイン

    設計の基本を
    身近なテーマで学びます

    インダストリアルデザインを学ぶ上で大切なのは設計とデザインの両立。身近なテーマで設計の基本をしっかり身につけることで商品にできるレベルでの作品制作が可能になり、製品デザインの世界が広がります。

    モデリング

    吉田 哲生さん
    三重県出身
  • 3次元CADデザイン 3次元CADデザイン

    3Dプリンターを活用する

    コンピュータ上でつくった立体のデジタルデータを、実際の立体物として造形してくれる「3Dプリンター」を活用してアイデアをかたちにします。雑貨、ホビー、インテリア製品など身近なテーマで実際に「使える」ものを制作していきます。

    デザイン

    草木 拓也さん
    長尾谷高等学校出身/大阪府
  • 商品企画

    商品企画 商品企画

    キッチンツールの企画商品化に
    必要な高い意識を身につける

    企業との協同企画で取り組んだキッチンツール商品提案では、「キッチンに物語のある提案を」というコンセプトのポットウォッチャー(なべの噴きこぼれを防ぐ道具)が高い評価をいただき、商品化のアイデアとして採用されました。
    企業の方と一緒に実際の商品企画を進める中で、試作・検証を繰り返し、かたちだけでなく使い手の心理や安全性に配慮した高い意識を身につけることができました。

  • グッズデザイン

    グッズデザイン グッズデザイン

    使い手と作り手の気持ちになって
    デザインから生産にまで携わる

    グッズデザインの取組では、デザイン雑貨制作のワークショップを通して使い手の気持ちをかたちにしていきます。
    製作課題作品の中から引き合いが生まれると、デザインした学生自ら注文を受けた数量を製作します。自ら生産を経験することで、使い手と作り手をつなげるものづくりを実感し学び取ることができます。

製品デザイン・3次元CADの学科・コース

製品デザイン・3次元CADの学科・コース