卒業生の声

業界の現場で活躍する
3DCGアニメーション学科の先輩たちに
インタビュー

2年間という限られた時間の中で、見事3DCG映像業界への扉を開いた先輩たち。
幅広い業界の第一線で活躍する卒業生のメッセージを紹介します。

  • 金元 佑輔さん 金元 佑輔さん

    株式会社スクウェア・エニックス
    カットシーンデザイナー
    金元 佑輔さん

    加古川北高等学校出身/兵庫県

    憧れの企業に入った今も学びが活きています

    進路選択の際、高校の先生に勧められて神戸電子へ。3 D C G に関しては本当に知識ゼロでした。基礎から始め、時には夜まで制作し ていましたが「楽しい」という気持ちが強かったですね。幅広い授業内容で学んだことは、社会人になってもそのまま活かせています。

  • 内田 崇裕さん 内田 崇裕さん

    株式会社デジタル・メディア・ラボ
    3DCGクリエイター
    内田 崇裕さん

    情報科学高等学校出身/島根県

    人を感動させられる作品を創りたい

    神戸電子専門学校では、3D・2Dのソフトをはじめ、デッサンから映像に関するシナリオまで、いろんな勉強をしたことが今でも役立っています。最近は自分が窓口となることも多く、相手に考えや意見を伝えるのは難しい、と実感しています。それでも、クライアントさんに「あのシーン良かったよ」と言ってもらえるとうれしいですね。

  • 田邊 聡史さん 田邊 聡史さん

    株式会社ユークス モーションデザイナー
    田邊 聡史さん

    福知山成美高等学校出身/京都府

    動きの一つひとつに意味をもたせる

    今は、3Dモデルのボーンを操作して、キャラに動きをつける仕事を担当。動きに臨場感を出すための演出も行います。当社はプロレスなどの格闘ゲームを多く手がける会社。筋肉や髪の動きなど、リアルでハイレベルなアニメーションが求められます。学校で学んだ「動きの一つひとつに意味をもたせる」という意識を忘れず、クオリティの高い動きをつくっていきたいと思います。

3DCGアニメーション・映像制作の学科・コース

3DCGアニメーション・映像制作の学科・コース