沿革

神戸電子専門学校59年の歩み

1958年の神戸電子学園設立から今日に至るまでの、神戸電子専門学校の歩みをご紹介します。

1958年

「神戸電子学園」を創立

創立当時の校舎前にて
創立当時の校舎前にて
1961年

電子計算機(コンピュータ)の基礎研究を開始

コンピュータという言葉がまだ使われていなかった時代
コンピュータという言葉がまだ使われていなかった時代
1965年

校名を「神戸電子専門学校」に改称

学校教育法に基づき名種学校として認可

  • 昭和40年代の校舎(本館)
    昭和40年代の校舎(本館)
  • 創設者が独自で設計制作したロジックトレーナーによる講義
    創設者が独自で設計制作したロジックトレーナーによる講義
1966年

情報処理学科を設置

1971年

国内初のコンピュータ技術の教科書「電子計算機統合設計と基本プログラミング」を出版、専門課程にて電子計算機のハード分野教育を開始

汎用電子計算機の自作と修理から生まれた独自技術
汎用電子計算機の自作と修理から生まれた独自技術
1972年

電子計算科を情報処理科に名称変更

ハード分野の専門課程(本科)を情報技術科に名称変更

1976年

学校教育法の改正により兵庫県下第一号の工業系専修学校として認可

1982年

無料職業紹介所認可開設

1988年

文部省(現、文部科学省)より「職業教育高度化開発研究校」として指定を受ける

1990年

通産省(現、経済産業省)より「情報化人材育成連携機関」として認定

通産省(現、経済産業省)より「情報化人材育成連携」として認定
1991年

全国初のノートパソコンによる実習システムを開発し、学生に提供 日本情報処理教育普及協会より全国最優秀指導校賞を受ける

1993年

1種受験コースを情報処理学科に、SEコースを情報総合学科に設置

福岡理事長 藍綬褒章を受章

藍綬褒章 藍綬褒章
藍綬褒章
1994年

ゲームソフトコースを情報処理学科に設置広中平祐賞を2年連続受賞

1995年

阪神淡路大震災を機にコンピュータグラフィックス分野のカリキュラムCG/CADコースを設置

マルチメディア研究と産学連携を目的としたデジタルメディア研究室を開設

1996年

全国に先駆けLinux技術を用い、校内全実習室をネットワーク化(世界規模のハッキングを国内最速で探知し、我国の省庁や企業のセキュリティ向上に貢献)
通産省(現、経済産業省)より「情報化人材育成学科」として認定

1997年

神戸電子デジタルメディア・チャレンジ・サーキット「Challenger」を構築

設置4学科・コースをカリキュラム7分野別の専攻として整備

1998年

CG/CAD専攻をデジタルデザイン専攻とCAD専攻に分化

デジタルサウンド専攻をサウンドアート専攻とサウンドテクニック専攻に分化

2000年

21世紀のクリエイティブスペース「北野館」を増設

2004年

中華人民共和国清華大学と教育連携

2006年

インダストリアルデザイン学科 設置

インダストリアルデザイン学科学生作品
インダストリアルデザイン学科学生作品
2007年

日本語学科 設置

2008年

創立50周年

福岡富雄理事長 叙勲 瑞宝双光章を受章

デジタルアニメ学科設置

声優タレントコース設置

インテリアデザインコース設置

総合研究科
(CG研究科を名称変更)

建築インテリアデザイン学科学生作品
建築インテリアデザイン学科学生作品
瑞宝双光章 瑞宝双光章
瑞宝双光章
2009年

ETロボコンチャンピオンシップ大会(全国大会)総合順位・第4位

2010年

10棟目の校舎「学生会館」を増設

2013年

創立55周年

2014年

第9回若年者ものづくり競技大会「グラフィックデザイン」にて1位(厚生労働大臣省)と2位を獲得

2015年

8棟目の直営寮「北野ドミトリ(男子寮)」を増設

技能五輪国際大会に日本代表として出場(職種:グラフィックデザイン)

文部科学大臣より設置15学科が「職業実践専門課程」として認定

2016年

情報処理学科にWebサービス・開発に特化した実践的なカリキュラムのWebエンジニアコースが新設。

女子専用直営寮「北野ドミトリ(女子寮)」を増設