銀賞受賞!第11回若年者ものづくり競技大会グラフィックデザイン職種

jakunensya2

若年者ものづくり競技大会にて銀賞受賞!
2016年8月8日に第11回若年者ものづくり競技大会が沖縄にて行われ、その結果が発表されました。

銀賞
堂山 利奈さん
(兵庫県立兵庫工業高等学校デザイン科出身)

なんとグラフィックデザイン学科の堂山さんが銀賞を受賞することができました!堂山さん、おめでとうございます!!

jakunensya1
若年者ものづくり競技大会とは
若年者ものづくり競技大会とは、公式Webサイトではこのように紹介されています。

若年者ものづくり競技大会
技能を習得中の企業等に就業していない20歳以下の若年者を対象に「若年者ものづくり競技大会」(以下「大会」という。)を開催し、これら若年者に目標を付与し、技能を向上させることにより若年者の就業促進を図り、併せて若年技能者の裾野の拡大を図ります。
簡単に説明すると20歳以下だけが参加できる様々な技能を競う全国大会です。

jakunensya2-1
グラフィックデザイン学科からは堂山利奈さん・福田真子さんが出場。
グラフィックデザイン職種にて全国のライバル校と闘いました。

jakunensya3
課題発表:「団体用VI & ツールデザイン」 制限時間は5時間
課題が、競技前日に発表されます。競技当日には質問などは一切できない為、この時に疑問に感じた事はすべて聞いておきます。
今回の競技課題は団体用VI&ツールデザイン。制限時間は5時間でした。
ということで、課題が発表された前日は、ホテルに戻ってからも夜遅くまで、デザインを考えました。

jakunensya4
競技当日:多くの課題をただ黙々とこなしていきます
競技中は当然ですが、誰とも一切話すことができません。前日にデザインは考えられるものの、課題が多く、今回は苦戦しました。ただし、与えられた時間は全選手共通なので、言い訳できません。

jakunensya5
5時間の競技の後は、制作したデザインのプレゼンテーション
5時間の競技の後は、制作したもののプレゼンテーションがあります。
ここで制作したデザインの意図などを発表します。

jakunensya6
最後は出場選手のみんなで記念写真

沖縄大会ちょっと裏話
行きの空港から会場へのバスの中。神戸ではなかなか現れないポケモンが連続で出てきて必死に捕獲中。
jakunensya10

青い海!白い砂!
さすが沖縄!会場の外は「トロピカルビーチ」なんて名前がついた海水浴場になっていました。
せっかく沖縄まで来たので、大会を一生懸命頑張った二人、少しだけ遊んで帰りました。jakunensya7

晩御飯を探しに宿の近くをブラリ。
「すば」って書いてるよ。「そば」じゃないの?と話しながらお店に。(「すば」っていうのは沖縄の方言のようです)
jakunensya9

ここで、沖縄そばを注文。
jakunensya8
ということで、ふたりとも本当にお疲れ様でした!
堂山さん、銀賞受賞、おめでとうございます!

グラフィックデザイン学科は、みなさんが普段目にしているチラシやポスター、パンフレット、パッケージなどの紙(印刷物)のデザインと、スマートフォンやパソコンで見ているWebサイトのデザインなどを勉強する学科です。

単に表面的にカッコイイものを作るだけではなく、お客さんの要望にしっかり答えられる企画などもできるように、日々勉強し、
その勉強の成果を試す機会として、今回ご紹介したような競技大会にも出場しています。

来年の「若年者ものづくり競技大会」では、再び金賞が獲得できるように万全の体制で臨みたいと思います。

【関連記事】
・技能五輪に日本代表選手として出場!今年も若年者ものづくり競技大会から挑戦!
・グラフィックデザイン学科とは
・オープンキャンパスや体験入学に関して