8/21 (土)13:30~

来校/視聴型アニメで成功するための考え方、スタンスについて

KADOKAWAグループの制作会社であるENGIの挑戦として、日本の成長産業の一つであるアニメをどのように発展させ、海外に展開していくのか?ビジネス視点とクリエイター視点の両軸から説明します。
※神戸電子が発行したイベント案内7,8月号の日程に誤りがありました。正しくは8/21(土)開催です。

この業界セミナーは、来校型/視聴型の両方で開催させていただきます。
来校型:本校にお越しいただきセミナーを会場で参加いただく形式です。「イベント参加証ポイント」が付与されます。
視聴型:オンライン(PC・スマホ等)で参加いただく形式です。視聴方法はお申込後、別途ご連絡いたします。「イベント参加証ポイント」は付与されません。
※一般の方も公聴可能です。

『宇崎ちゃんは遊びたい!』
©2020 丈/KADOKAWA/宇崎ちゃん製作委員会

『探偵はもう、死んでいる。』
©2021 二語十・うみぼうず/KADOKAWA/たんもし製作委員会

『旗揚!けものみち』
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

『究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら』
©土日月・株式会社KADOKAWA刊/究極進化した製作委員会

講演者プロフィール

株式会社ENGI
代表取締役社長
吉岡 宏起氏

1995年に近畿大学法学部卒業後にゲーム・IT業界で管理職の経験を積んだのちに、 アニメ会社のGONZO、グラフィニカで要職を務め、2018年より株式会社ENGIに転職、 現在はアニメやゲームの制作指揮を行っている。

協力

株式会社ENGI

株式会社ENGI

関連する学科・コース